banner

2月, 2014年

表面だけを染めれば傷まない

2014-02-28

farmanfathalian230代40代ぐらいになると、白髪染めをしているという方の割合も増えると思うのですが、白髪染めを自宅でするとなると周囲が汚れてしまったり頭皮に薬剤が付いてヒリヒリしたり、酷い方になるとかぶれてしまったり湿疹ができるというような事もあるのですが、安く白髪染めをしようと思うなら、石油系の化学物質が使用されていないものから選んでいただきたいと思います。
髪の細胞を壊して染毛するタイプの白髪染めは、当たり前のように髪の毛を傷めます。
きちんとトリートメントをすれば大丈夫という方もいらっしゃるんですが、一度破壊された細胞は元に戻る事はありません。
可能であれば細胞を壊すことなく白髪染めをしていただきたいと思うのですが、髪の毛は女性のオシャレにも関係していますので、大事にする必要があると思うんです。
髪の毛の表面だけに色をつけるというのが一番オススメだと思うんですが、ヘアマニキュアやトリートメントなどがその部類になります。
最近はトリートメントでもすぐに染まるというようなものもありますから、一度使ってみてはいかがでしょうか。
放置時間も短く、二回、三回と使っているうちに自然な黒い髪になってくれるという感じですので、使いやすさも納得できると思いますので、多くの方にこういう白髪染めの存在を知っていただきたいと思います。

白髪を防止するためには

2014-02-28

farmanfathalian3白髪ってどうして生えてくるんだろう・・と悩んでいる方も多いはずです。
ストレスだったり老化が原因だったりすることもあるわけですが、まだ若いのに白髪だらけになってしまっているという方は遺伝なども関係しているかもしれません。
髪の毛に色をつける細胞(メラノサイト)が正常に機能していないというようなこともあるわけですが、どうして細胞が機能しないのか・・ということも気になりますよね。
きちんと機能してもらうために必要なのは、抗酸化作用の高い栄養分を摂取する事だと思われるのですが、老化しない事を心掛けるだけでも白髪の予防になるはずですので、両親のどちらかが真っ白の白髪だという方も、食生活を改善していただければいいんじゃないかと思うのです。
睡眠などにも関係していたりするようですが、成長ホルモンの分泌量も大切なので、睡眠不足や運動不足にならないようにすることも大切なんです。
インスタント食品なども老化を促進させてしまう作用がありますので、バランスの取れた食生活とホルモンの活性化を心掛けるようにするといいですね。
白髪染めをするようになると、本当に定期的に染めなければならなくなりますので、白髪を増やさないように生活習慣を見直すことも大事な事だと思います。

石油系の成分が髪を傷める

2014-02-28

farmanfathalian4白髪染めを定期的にしている方は非常に多いと思うのですが、市販されている白髪染めには石油系の化学薬品が使われているので、安全性を考えると簡単には使う事ができませんよね。
頭皮の状態が悪くなってしまうという事もありますし、髪の毛が傷んでしまうという事も考えられます。
その上、頭皮の毛穴から体内にこういう化学薬品が入ってしまうという事もありますので、考えただけで恐ろしいという方も多いのではないかと思われます。
では、白髪染めはしない方がいいのか・・という疑問が生じてくるのですが、白髪があると見た目が老けてしまったりお洒落を楽しむ女性にとっては悩みの種となってしまいますよね?
安全性の高い無添加の白髪染めを探していただければいいのではないかと思うのですが、現在は技術が進化しており、天然成分のみで作られている白髪染めも製造されていますのでご安心ください。
ヘアサロンで染めれば問題ないのか・・という方もいらっしゃいますが、プロの美容師は髪の毛の傷みを防ぎながら白髪染めをしてくれますので、仕上がりの色もキレイですしトリートメントなどをしてくれるので、サラサラになるのは当たり前です。
コストパフォーマンスが悪い分、思い通りの仕上がりになるのですが、経済的にちょっと・・という方も多いはずですので、使用方法が簡単な無添加の白髪染めを試してみるのもいいんじゃないかと思います。

Copyright(c) www.farmanfathalian.com All Rights Reserved.