banner

きついニオイがしない白髪染め

白髪染めってニオイがきつくて気分が悪くなるという方もいらっしゃるんですが、そのニオイのもとって何だと思いますか?市販品で自分で染めたりすると、しばらく白髪染めのニオイが染み付いている状態になったりしますよね。

頭痛を引き起こすほどの悪臭という感じなんですが、このニオイが2~3日続くとなると、耐え難いはずです。強烈なニオイがするのは白髪染めの成分が髪の毛の成分を分解して新しい色をつけるために発生するニオイなんですが、こういうニオイがイヤな方は、髪の毛の表面に色をつけるヘアマニキュアの方がいいかもしれません。

farmanfathalian1

個人的には無添加のトリートメントがオススメだと思うんですが、ドラッグストアなどにもヘアマニキュアは安価で販売されていますので、まずは使ってみるといいでしょう。それでもやっぱり自分には合わない・・という方は、シャンプーやトリートメントタイプの白髪染めを使ってみるのもいいんじゃないかと思います。

最近はヘアカラー剤を使わずに白髪染めをしている方も多くなっていますので、色々使ってみるといいでしょう。刺激の強い薬品は頻繁に使うと頭皮が荒れてしまったり、髪の毛が傷んでしまったりしますので期間をあけて使うようにしましょう。

安心成分の白髪染めを探す

ここ数年で安全性の高い白髪染めなどが開発され、注目されているのですが、利尻やルプルプなど、数多くの白髪染めが通信販売で紹介されていますよね。女性誌などにも掲載されている事があるので、ご覧になった事がある方もいらっしゃるんじゃないかと思うのですが、こういう白髪染めが注目されるのは安全性の高さや手軽さが大きなポイントとなっていますので、まだ使った事がない方も興味があるんじゃないでしょうか。

市販されている白髪染めを使うと髪の毛が傷むという事でこういう商品を使う方も増えているのですが、トリートメントタイプの白髪染めは髪の毛の傷みを補修しながら染めてくれるので、傷むという事はありませんし、成分なども安全性が高いため、多くの方に使っていただいていると言う感じになるんですね。

頭皮や髪へのダメージが少ない分、すぐに染まるわけではなく、使用しているうちに徐々に染まっていくという感じになりますので、気になり出したらすぐに使い継続する事が大切なんですね。すぐ染まるというわけではないので、価値が低いと思われがちなんですが、髪の毛が傷んだり、頭皮を傷つけるという事はありませんので、そういう部分を考えるとこういう傷まない白髪染めの方が魅力的だと思います。

妊娠中の白髪染めはサロン予約で行いましょう

妊娠中の白髪染めは、思わぬトラブルに繋がることがあります。セルフケアよりも、サロンで染めてもらうことがおすすめです。信頼できるサロンで、キレイな髪を手に入れましょう。

妊娠中の白髪染めは、普段と違う注意点があります。頭皮や髪が傷みやすくなっているので、より刺激の少ないものに変えるとよいでしょう。産後は自分に使える時間が少なくなります、今のうちにセルフケアを楽しんでください。

妊娠すると、髪・地肌は普段と全く変わります
妊娠中、肌質が変わったと感じている方も多いと思います。それは地肌や髪も同じです。ホルモンバランスが影響し、かぶれやすくなり髪が抜けやすくなります。

また、妊娠中に受ける刺激は、産後の抜け毛、白髪といったヘアトラブルにつながります。セルフケアをしているつもりがトラブルの種を増やしているということもあり得ます。妊娠したら、思った以上に体は変化していると理解しておきましょう。

自宅派の方も、妊娠中はサロン染めにしましょう
コストパフォーマンスの高さから、自宅用の白髪染めを使う方も多くいます。普段トラブル無く使えているという方も、妊娠している間だけはサロン染めをおすすめします。美容院のカラー剤は、プロ仕様の低刺激のものがあります。市販品を自分で使うより、安心です。

また、実際に髪の状態を見てもらいつつ相談でき、よりぴったりのカラーにカスタマイズしてもらえます。トラブルがあった時にも、すばやく対応してもらえて安心です。

妊娠中は、思いもよらないことがきっかけで体調が変わります。白髪ケアも、いつもやっているからと油断せず、しっかりとプロの手に任せましょう。キレイな髪で、短いマタニティー期間を楽しんでください。

染めちゃおで自分に合った白髪染めを選びましょう!

白髪染めをランキングで比較
含有成分を購入前にきちんと確認することができます。

Copyright(c) www.farmanfathalian.com All Rights Reserved.